「判」と「版」は違う!

じわじわと忍び寄る「新型インフルエンザ」の影。。。
警戒していたら、
普通の風邪を引いてしまった(正確には、娘にうつされた)よっさんです(涙)
みなさんは大丈夫ですか?

突然ですが、クイズです!
「A4サイズの本」を正しい漢字で書いているのはどちらでしょうか?

1.A4判の本
2.A4版の本

お客様からの仕様書、はたまた社内でも
どちらの表記も見かけますが・・・

1.の「判」は寸法を表す際に使います。
「判」は「判型」=size の略です。
本や用紙のサイズを表す
四六、A、B
等は全て
四六判、A判、B判
と表記します。

一方、2.の「版」は印刷に用いる「刷版」のことを指し、
印刷の内容の違いを示しています。
「版」を使う用例としては、本の改訂数を表記する際の
第一版、第二版・・・
があります。これは、
本の内容、すなわち、本を印刷する刷版が○回変わりましたよ
ということを表しています。

なので、本のサイズを表す今回の問題は
1.A4判の本
が正解です。

第一版 という話が出たのでついでに。

本の奥付に
「第一版第一刷」「第二版第三刷」
などと入っているのを見たことがありますか?

この「版」は上で説明したように本の内容全体を指し、
一回目の印刷を第一版(初版)、
加筆訂正などをして内容を改め(改版)印刷すると第二版、
その後改訂するごとに第三版・・・ と続きます。

「版」の後にある「刷」は
ある版が何度印刷されたか、という回数を示します。
この場合内容は変わらず、
何冊かをまとめて印刷した本が売り切れになり
追加印刷(=増刷)されたことを意味します。
一回目が第一刷、
売り切れて何冊かを追加印刷すると第二刷、
さらに追加で印刷し第三刷・・・ と続きます。

第二版第三刷 とは
初版から1度改訂した本を3回印刷した、という意味になります。

「判」と「版」の違い、おわかりいただけましたか?
ついでに「刷」の意味もわかると、
本の意外な一面が奥付から読み取れる、かも・・・?

こちらの記事もオススメです

「判」と「版」は違う!” への1件のコメント

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)