はじめてのペンタブレット

こんにちはaiです。

この度,東工場のDTPにペンタブレットが導入されました。
そこで,「はじめてのペンタブレット」リポートをお送りします。

ペンタブ写真

↑今回導入されたペンタブレットです

さて,ペンタブレットとは一体何をするものなのでしょうか?
コンピュータの入力機器(キーボードやマウス)の一種で,
専用の電子ペンとタブレット(板面)から構成されています。電子ペンはタブレット上で,マウスと同じ操作をすることができます。
紙に鉛筆で書く(描く)ようにフリーハンドで絵や図形,文字を入力することができます。

簡単に言いますと,「パソコンのお絵かきペン」です。
パソコン上で絵を描く場合,マウスをドラッグして線を引いて形を作ります。マウスでは,実際紙に描くような絵はとても描けません。(描く達人もいますが)
そこでペンタブレットを使えば,マウスがペン型なので実際に鉛筆などで絵を描くのと似た感覚で表現できるのです。

文字で説明されても解りにくいのでこちらをご覧下さい。
(ソフトはPhotoshopを使用していますが,アクセサリの中にある
ペイントでやっても同じですので是非やってみて下さい)
実際に私がマウスで一生懸命描いた絵↓

マウス描き

まず丸がうまく描けません。┐( ̄ヘ ̄)┌字を書くのもむずかしいです。
送り仮名の「き」を書き忘れるほどに…
気を取り直して次はペンタブレットで描いてみましょう↓

ペン描き

鉛筆をにぎっているような感覚で描けます。丸もすんなりかけます。
字も下手なりにマウスよりは自由に書くことができました。
何より描き辛いマウスで格闘する時間の半分ぐらいで描けるので楽チンです。

そんなわけで遊んでみましょう。
写真からイラストを描いてみます。Illustratorを使用しました。
まずは元になる写真を置きます(下絵なので半透明にしておきます)
その上にレイヤーを作り,ペンで大まかな形を取ります。
イラストなのでデフォルメしながら描いています。

パソコン2

上のレイヤーにマウス・キーボードなど好きに描いちゃいます。
なんだか楽しくなってきました。ついでに元写真にはなかったマグカップとaiチョコも配置してみます。(aiチョコはPhotoshopで作成しました。作り方はまた今度の機会に・・・)

パソコン3

下書きの写真のレイヤーを隠したら・・・できあがり!

完成

あ~楽しかった。今回はイラストを作成しましが,Painterというソフトを使えば水彩表現や油彩表現もできるので絵を描きたい人には本当におすすめです。

というわけで今回導入されたペンタブレットはWACOM社製Intuos4
サイズはMedium(223.5×139.7mm)です。
右利き左利き両方できます。筆圧感知機能付。黒一色でシンプル。
スタイリッシュでCoolなデザインです。

ペンタブレットについてはこれから修行です。
慣れるまでとにかく描きまくるしかなさそうです。


こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)