「華麗」なる世界をみなさまへ…

お久しぶりです(;´Д`A 東工場のNATSUです。 2月、3月と忙しかった為にずいぶん間があいてしまいました……。 その間よんさんばかりの更新…(笑) よんさんにご迷惑をかけました(´・ω・`;A) ということでまた今月からいつも通りマイペースに更新していきますよ☆ 確か前回は『男鹿和雄展』ネタでしたが…… なんと今回も美術館ネタです! またですか……=(=`д´=;)⇒グサッ しかしですよ!今回は書かせて下さい!! 2月6日にアルフォンス・ミュシャ館に行ってきたのです! ミュシャは私の大好きな画家なんですよ☆ ちなみにドラクエ9というゲームの主人公に ミュシャという名前つけちゃってます(笑) ミュシャ館ではその名の通りミュシャの絵を展示しているのですが 今回は開館10周年記念で「リクエスト展」だったのです。 (このリクエスト展は3月14日まででした。) リクエスト展パンフレット ……ということはつまり……いいとこどりなのですヽ(´∀`)ノ いつか行きたいと思っていた私…… 行くなら今だろってことで行ってきた次第です(・∀・) みなさんはミュシャをご存知でしょうか? 身近なところで言いますと 伊藤園さんのサロンドカフェというコーヒー缶に ミュシャの絵がデザインされています! 今はもう売ってないですかね? (コーヒーが苦手なのでわかりません……) 伊藤園さんホームページ 私が初めてミュシャを知ったのは大学生の頃だった思います。 なんのきっかけかよく覚えていませんが、彼のジョブのポスターをみる機会があり それを見た瞬間、私に衝撃が走ったのです(゚∀゚)ドーン ちなみにミュシャ館のパンフレットの中に ちょうどそのジョブのポスターが掲載されていましたので 写真を載せておきます。(粗くてすいません) ジョブのポスター 私は残念ながら言葉の引き出しが少なく(笑) 美術に関してかなりの素人なので 単純に 「綺麗」 という言葉しか出てきません。 ミュシャの描く女性は妖しく色っぽく美しくて 女性と共に描かれている、アール・ヌーヴォーの華麗な曲線の装飾が さらに女性の美しさを引き立てているというか……。 彼の作品を眺めていると、その美しさを言葉でうまく表現できずに ただただ見惚れてため息がでる感じ……。 ……というかせんべい片手にミュシャの画集をみている私に その華麗なる世界を表現できるはずもなく 逆に汚してしまうこと間違いなしです(゚∀゚)チーン 私は漫画やイラストをよく描いていたのですが そのミュシャのイラスト調の作風や 浮世絵の影響も受けているところが(私は浮世絵も好きなんです) 私に馴染みやすかったのかもしれません。 私が話すよりも実際目でみて感じていただきたいので みなさんも興味がありましたらご覧になってみてください(´・ω・`) ちなみに4月7日から広島県立美術館で 「オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー」が行われています! ミュシャといえばアール・ヌーヴォー…… 華麗という言葉がもっとも似合わず 華麗とは程遠い生活をしている私が 華麗とは程遠い身なりで 華麗なる世界に飛び込んでみたいと思います(゚∀゚) (ただ華麗と言いたいだけ・笑) ■アルフォンス・ミュシャ(1860-1939) アール・ヌーヴォーを代表する画家として知られる。 大女優サラ・ベルナールのポスターを制作し一躍有名に。 ミュシャの作品はしなやかに流れる曲線と美しい色彩の装飾スタイルが特徴。 (ミュシャ館のパンフレット参照) ※アール・ヌーヴォーとは 優雅な曲線模様が特徴で19世紀末から20世紀初めにかけて ヨーロッパに広まった装飾芸術。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)