原稿整理の極意!(2)

原稿の整理

またまた登場のよっさんです。

これを押さえておけば何とかなる(…はずの)原稿整理の極意、
残りのポイントの伝授です。

4.写真データの整理法
写真データの整理のポイントは大きく2つ。それは
・デジカメの保存番号ではなく、オリジナル番号をつける
(使用する数が少ない場合は、そのままでも構いません)
・写真の説明文で保存しない
です。

デジカメが自動的に割り当てる保存名は
英数字の組み合わせで文字数が多くわかりづらい!
そこで、前回の
3.紙面やページの順番を明記する と同じように
紙面やページ、あるいは内容順にした番号に変更すると
わかりやすくなります。
(保存名変更前のデータは残しておくことをお勧めします)

また、写真に説明文(キャプションと言います)を挿入する際、
写真データの保存名をキャプションにしている例が見られます。
これだと、場合によっては保存名が長くなるし
編集作業上効率が悪いので、
Wordなど別ファイルにキャプションをまとめておいてください。
(写真1…○○○、2-1…××× など)

【番外編】手書き原稿をそのまま使うとき
そのままスキャナーで読み込みデータ化しますので、
くっきりはっきり書いてください。
鉛筆のような濃淡の違いが出る筆記具よりも、
マジックやボールペンのような一定濃度で書けるものがお勧めです。
また、整理番号を入れる時は
黄色の蛍光マーカーを使うか裏面に書くと
読み取りに影響しません。

その他にも、印刷原稿を準備していて疑問や不安な点がありましたら
遠慮なく弊社にお問い合わせ下さい。
運がよければ(?)、私が直々にお答えいたしますよ~(^o^)

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)