卒園文集を印刷します!

卒園文集の印刷

2012年初投稿のよっさんです。
今年もよろしくお願いします。
昨年はでざいなぁでびゅうなどと高らかに目標を掲げましたが、
今年の目標は胸の内に留めておくことに…(汗)
が、もちろん今年も頑張りますよ。

この春、娘が6年間通った保育園を卒園します。
公立なので華美な記念品等はなく、
担任手作りの卒園アルバムと
保護者有志で企画制作する卒園文集のみです。
そして、私も有志の1人として文集編集委員会に参加しています。

卒園文集の制作が始まったのは、2年前の卒園児から。
初めての文集は、印刷した更判紙を半分に折りホチキスで製本した
かなり質素なものでした。
昨年は、印刷を公民館の簡易印刷機で行い
製本加工のみ業者に発注したそうです。

そして今年。
限られた予算内で制作する文集なので、
編集委員会でまず議題に挙がったのが「費用」。
そこで、私から
「ニシキプリントで原稿をスキャナー取込→オンデマンド印刷→製本加工」
という条件で見積もりを提出しました。

すると、昨年の
「印刷は編集委員→製本加工のみ業者」
の費用とほとんど変わらなかったのです。

昨年に引き続いての編集委員曰く、
「昨年は子ども達の写真を全て白黒で準備してもらい、
テスト印刷で写真が暗かったものは何度もやり直しをお願いし、
みんなで手分けして公民館で印刷したので大変だった。」
と。

しかし、ニシキプリントに発注すれば、
委員会は原稿を準備するところまで。
あとは、カラー写真のモノクロ変換も、印刷も、製本も、
ニシキプリントで一貫作業。
しかも、公民館の印刷機より各段にきれい。

異議なくニシキプリントへの発注が決まり、
揃った部分からスキャナー取込作業を始めたところです。

自分たちで作成すると、
安上がりなようで意外とそうでないこともあります。
特に本づくりは専門的な作業も多く、素人が全てを行うのは大変。

卒園文集に限らず
ちょっとした本を自分たちで作ってみようと思っている方!
ニシキプリントにお願いした方が
安くて、各段に美しい本ができるかもしれません。
まずは見積もりだけでも構いませんので
お気軽にご相談ください!

3代目となる文集は今までで一番の仕上がりを確信しているので、
一保護者としても出来上がりが楽しみな今日この頃です。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)