えびす講は広島三大祭のひとつで商売繁盛のお祭りです-イラストアップ-

皆さんお疲れ様です。よんです。

11月ですね。早いもので今年もあと2ヶ月です。そろそろ年賀状の季節になって参りました。弊社では年賀状印刷も承っています!私も年賀状のデザインをそろそろ考えないといけないです。我が家ではデザインと印刷(プリンタで)は私の仕事なのです…。来年は巳年。さてどうしたものか。

 

さて、今日はイラストアップデートの日です!
今回は多忙なNATSUの代わりに私がイラストを担当しました。

 

今回のイラストは「えびす講」です。広島三大祭のひとつなのですが、皆さんご存知ですか?

えびす講の正式名称は「胡子大祭」といい、広島で約400年も続く伝統的な商売繁盛のお祭りです。

 

…え?

…400年ですか?

…長い。すごい長いですね。

 

調べていたら400年も続いていると知ってびっくりです。えびす講は何回も行ったことあるんですが、そこまで歴史が古いとは知りませんでした。400年前っていったら江戸初期ですよ。何があったのか調べてみたら、大阪夏の陣があったあたりですよ。今回テーマにした当の本人がびっくりです。

えびす講は商売繁盛のお祭りです。なので今回のカメくんも恵比寿様の格好をしています。恵比寿様は神無月(10月)に出雲に赴かない留守神で、この時期に1年の感謝と商売繁盛を祈願するお祭りを行うのだそうです。

お祭りが行われる胡子神社周辺では縁起物である熊手(こまざらえ)が売り出されます。もちろんたくさんの屋台もありますし、各お店が安売りなども行うので買い物するにも狙い目です。胡子神社周辺で毎年11/18〜20日に行われています。

 

■ラフ

えびす講かめくん

 

■色付け

えびす講カメくんカラー

 

■完成

 

日曜から始まりますが、10時から22時ごろまでやっているので、平日の仕事終わりに寄ってもいいかもしれませんね。

 

 

 

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)