春といえば嘘を付いてもいいあの日

春、それは別れと出会いの季節。
別れの量だけ、また出会いもある。

というセンチメンタルに浸ってみたい今日この頃。 どうもお久しぶりです。ゆきちでございます。

今回のブログのテーマは「春といえば?」ということなので、何か面白いものはないかと試行錯誤した結果、一つ良いものを思いつきました。

それは・・・「エイプリルフール」です。

ここでエイプリルフールについて少し説明したいと思います。

皆様ご存じのとおり1年で1度の4月1日に嘘をついても良い日です。 起源について調べてみましたが、どうやらどれも仮説でしかないようです。 いつ、どこで、誰が考えたのか不明です。 なので、私が調べた仮説を参考に書いてみたいと思います。

 

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。

フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。

 

ちょっと悲しい話ではありますが、この話がエイプリルフールの有力説の一つになっております。

まあ湿っぽい話はこの辺りで終わりまして、 ここから楽しくなるような事を紹介したいと思います。

エイプリルフールで私が毎年楽しみにしている事は、色々なH.Pを見ることです。

この日の色々なH.Pはエイプリルフール仕様になっておりますので注意して下さい。 クオリティーが高いものもあれば、低いものありますが、4月1日だけしか閲覧できないものがほとんどなので注意して下さい。 時間があれば、4月1日に色々なH.Pを閲覧してみてはいかがでしょうか。

それでは皆様良いエイプリルフールを。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)