祝 ミシュランガイド広島版

皆様のために「こんにちは」私のために「お疲れ様」。

どうも、一か月に一度のお楽しみ、ゆきちでございます。

今回のテーマは、今月17日に発売されましたミシュランガイドについて触れてみたいと思います。なぜミシュランかと言いますと、今回発売されましたミシュランは広島版だからです。地元広島を愛してやまない私はこの本はちょっと高いんですが、是が非でも紹介したいと思い、断腸の思いでミシュランガイド広島版を購入いたしました。

ミシュランガイド広島

正直、私は全くグルメ家ではありません。しかし前述でもあるようにやはり広島県民として、そして私は営業なのでお客様との話の種としての先行投資なんだと割り切りました。

まあ私の心の葛藤はさて置き、さっそく読んでみました。

結果は私が想像していたよりかなり分かりやすく、読み応えがありました。

内容を読んで改めて知る事実があり、私は当初三つ星はサービスなどの全てが完璧で三つ星だと思いましたが、実際読んでみると料理だけの評価だと書かれていました。その他にも星付き以外に3,500円以下で食べられる良質な料理に与えられるビブグルマンのマークが存在していることも初めて知りました。

私の無知っぷりに恥ずかしいばかりです。やはり人生日々勉強だなと痛感いたしました。

話は変わりまして、私が気になりましたお店を2店舗ほど紹介したいと思います。セオリーではここで三ツ星を紹介するのでしょうが、そこはあえてスルー致します。なぜなら、テレビや雑誌、ラジオなどで幅広く取り上げられているからです。 なのであんまりおもしろくないので、ここはあえて一つ星とビブグルマンのマークのお店を紹介致します。

まず、一つ星のお店は1902年創業の穴子料理のふじたや様です。

場所は宮島の厳島神社の近くにあるそうです。簡単に説明しますとこのお店は、味が一番良いとされている一匹100g~120gの天然の穴子しか仕入れないそうです。注文してから焼きますので時間は少々かかりますがその分味は絶品。メニューは「あなごめし」のみ。値段は2,300円。売切れ次第で閉店になりますので行く際にはご注意ください。

一品だけというのに心を動かされ紹介いたしました。

続いてはビブグルマンのマークのお店、
お好み焼きの八昌(はっしょう)様

この八昌というお店は市内に何店舗かありますが私の紹介するのは薬研堀店のお店です。昼限定ですが、店主のてさばきがすごいそうなので紹介致しました。おすすめメニューは9割のお客様が注文する「そば肉玉」。広島の定番ながら、220℃でしかっり蒸したキャベツ、クリスピーに焼けた豚肉や麺の一部が香ばしく食欲をそそります。

その他にも私の地元三原市からも何軒か紹介されていて、少し嬉しい気分になりました。 私があんまり中身を紹介して本の売上が落ちてしまったら、ミシュラン様に申し訳ないのでこの辺りで、キーボードから指を離したいと思います。

それでは皆様また来月にお会い致しましょう。

 

 

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)