イマドキの扇風機事情

どうも、よっさんです。

夏です。あっという間に梅雨が明け、7月上旬ですでに真夏モード全開…今年の夏は猛暑との予報で、早くもげんなりです。

ところで、我が家は今年、扇風機を新調しました!…昨シーズン終わりに動かなくなりまして(涙)。 6月初旬に家電量販店に赴いたのですが、イマドキの扇風機たちにびっくり!
「家電芸人」の知識の深さには程遠い、こんな常識的なことも知らなかった私ですが、ちょいとレポートです。

「イマドキの扇風機」と聞いて私がいちばんに思いつくのが、ダイソンの“羽根のない扇風機”こと「エアマルチプライアー」。売り場もこれがメインなのかと思えば、量販店の扇風機コーナーでいちばん目立っていたのはDC扇風機。

DC扇風機は、その名の通り直流モーターを採用しており、消費電力量が大幅に抑えられる点と風量の細かい調節ができる点がポイント。展示品の脇に電力計が設置されていましたが、確かにこれまでのAC扇風機に比べ約1/10程度の値を示していました。また、AC扇風機よりもモーター音が静かで自然なやわらかい風を謳っているものが多く、就寝時に利用するにはいいなぁ、と思いました。ただ、機能が充実している分、AC扇風機に比べて値段がやや高いです。

一方のAC扇風機は、消費電力は高めですが価格の手頃さがいちばんの魅力。手頃でありながら、“風を送る”だけではない、首振り角度や風量調節のきめ細かな設定など、付加機能が充実したものもあります。価格は機能に応じてピンきりなので、自分のニーズに応じて選ぶことができます。

冒頭の「エアマルチプライアー」、もちろん目立つ位置に展示されていました。そのスタイリッシュな姿は、これまでの扇風機が持つダサさ(と言ったら怒られる?)がなく、かなり憧れます~。残念ながら、私の財布が太刀打ちできないくらい、いいお値段ですが…。

また、最近はエアコンとの併用に重宝するコンパクトなサーキュレーターの品揃えも充実しています。

で、その中から我が家が選んだのは…。
1000円ちょっとの最安値扇風機。もちろんAC扇風機。
「これこれっ!これが使い方わかりやすそうだし、なんてったって安いじゃん!!」…と頑として譲らなかったのは、機械オンチのおばあちゃん…ではなく、我が家の小2女子(汗)

何はともあれ、DC扇風機に比べると節電には貢献できませんが、それでもエアコンに比べ消費電力の差は歴然。暑がりでエアコンなしの夏はまずありえない私ですが、上手に併用して元気に猛暑を乗り切りたいと思います!

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)