手作りの門松

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

私はお正月を迎えるにあたり、
年末の恒例行事として、門松作りをしています。

もともとは、家族が大掃除をしているさなかに
避難すべく、実家へ寄ったついでに作ったのが始まりですが
意外にも家族からの評判が良く、好まれるので毎年作っています。

手作り門松

門松と言っても、玄関に飾られるような立派なものではありませんが
適当な竹を切って紐でくくり、松や南天の実を添えるだけでも
充分お正月っぽくなります。

南天と言えば、実家の南天畑では惜しげもなくほうぼうに実っており
特に有り難みも感じずに伐採しておりましたが
町内のスーパーで一枝700円ちかくで売られているのを見て驚愕しました。
それ以来、特に大事にしております。

年末年始を終えた門松は、地域の「とんど」の日に焼くのが習わしです。
大きく組んだ竹がごうごうと燃えるなか、各家庭の門松や
書き初め、鏡餅などが一緒に焼かれます。
その日は豚汁やぜんざいなどもふるまわれ、
子どもたちはパンパンと音を立てて焼ける竹に怯えながらも
火の回りを走り回って遊びます。
我が家の門松も無事に役目を終え、とんどの火と一緒に
空高く舞い上がりました。

雪の混じるなか、適当な竹を探し求めて歩き回ったせいで
すっかり風邪をひいたお正月休みでしたが
季節の行事を肌で感じられるのも
田舎暮らしの良いところかも知れません。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)