がんばってます!サポートセンター あゆみ&めばえ

サポートセンターあゆみ&めばえ

どうも、よっさんです。

ニシキプリントでは、別法人を立ち上げ平成25年4月より東広島工場内に就労継続支援A型事業所 サポートセンターあゆみを運営していましたが、この4月にサポートセンターめばえを広島市内に立ち上げました。

ニシキプリントは設立当時より障がい者雇用に特に関心があり、平成3年5月に労働省認定重度障害者多数雇用事業所として東広島工場を操業していました。が、昨今の景気低迷や構造改革の波により障がい者雇用が難しい状況になってきました。労働意欲や能力があっても就労できない、または、障がいを抱えていても支援(サポート)さえあれば働けるのに今のニシキプリントでは制度的に難しい。そこで、障がいを持った方々の自立支援・就労支援を目的として、一般社団法人東広島自立支援センターあゆみを設立し、就労継続支援A型事業所 サポートセンターあゆみを開所しました。あゆみとは、少しずつでも着実に共に「歩んで」いこうとの思いよりネーミングしました。めばえは2か所目の事業所になります。

※就労継続支援事業所とは、国の法律(障害者総合支援法)に基づく就労継続支援のための施設です。A型とB型の2種類あり、そのうちA型事業所とは、一般企業への就職が困難な障がい者と雇用契約を結ぶことで働く機会を提供するとともに、生産活動を通じて知識と能力の向上に必要な訓練を提供するところです。(B型事業所は、障がい者と雇用契約を結ばずに就労継続支援事業を行います。)

サポートセンターあゆみめばえは、障がいがあっても作業意欲のある人たちと雇用契約を結び、作業能力が向上できるよう知識や訓練を提供し、指導員といっしょに日々成長をしていく場です。

仕事内容は、印刷関係の関連作業になります。パソコンを使い請求書や各種伝票を発行する事務処理作業、お客様から支給されたデータを専用ソフト等で加工をするDTP作業、印刷物のセット作業や封入発送作業などの軽作業や製本補助作業など、いろいろな作業があります。毎日が似ているようで、違った作業なのです。

本社勤務の私には、これまで東広島工場のあゆみと一緒に働いているという実感があまり持てませんでした。しかし4月からこちらにめばえが開所され、毎日利用者の方と会うようになりました。といってもまだ社内ですれ違う程度ですが、それでも、いつも明るく元気に挨拶し、丁寧に一生懸命に作業している姿を見ていると、思わずこちらの背筋が伸びる思いです。ニシキプリントの戦力として、活性剤として、あゆみめばえは今のニシキプリントに欠かせません。

これからは、ニシキプリント、あゆみめばえが三位一体となって、皆様にとって満足していただけるサービスを提供してまいります。これからもよろしくお願いします!!

サポートセンターあゆみめばえについてはこちら

サポートセンター あゆみ&めばえ

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)