最近はじめたこと

ネットショッピング

これまで、その便利さは聞いていながらも
あえて避けていたものに、ネットショッピングがあります。
インターネットでめぼしいものを検索し、クリックひとつで買い物かごに入れ受け取りは自宅で…と、なんとも手軽なことは見聞きしておりましたが「買い物は実物を手に取って」派の私としましては、どうも抵抗がありました。

私の家族などは、ずいぶん前から「ネットでお買い物」は常識のようで内祝いのお菓子やCD、日用雑貨に至るまでしょっちゅう利用しており宅配後の段ボールの片づけをよく手伝わされています。

なんでも、この頃はちょっとまとめて買い物すれば送料すら無料のようですね。
山間部に住む私たちからすれば、多少の送料がかかったところで交通費を考えればむしろ安いくらいだ、というのが家族の言い分ですがそれでもやはり、買い物は実物を見てから決めたいものです。

そんな頑なな私でしたが、先日探していた本があり
書店を何軒回っても見つからずで、とうとうネットで検索するに至りました。
ありました!一発で見つかりました。

ついでに、学生時代から欲しかった古書も調べてみました。
学生時代には高くて買えず、就職した頃にはもう店頭から消えており
結局買えずじまいだった年代ものの古書です。
ありました…。一発で見つかりました。
状態もよく、しかも送料無料でした。

前述の本は翌日に、古書のほうは奈良の古本屋さんから
こちらも二・三日後には手元に届きました。
カバーつきの良い状態です。(当時私が見ていたものにはカバーはありませんでした)
目から鱗がゴロゴロと落ちました。

この一件以来、すっかりネットショッピングにハマっています。
家族は産休中なので身動きしづらく、そのため日中は大体自宅におりますので重いものはネットで注文すればいい!と、考え方すら飛躍的に進歩中です。
これからはおむつやミルク、缶詰などはネットで買えばいーじゃん!くらいの気持ちです。

ところで、前述の本は朝ドラでも話題の「赤毛のアン」シリーズの「アンの夢の家」。
家族の愛読書であります。いずれ娘も読むことになるでしょう。
そして古書のタイトルは「世界史の使命」
こちらは、家族たちの興味は一向に引かないようです。

以上で失礼します。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)