昼間のフラワーフェスティバルもいいけど夜のフラワーキャンドル・メッセージもオススメ!

皆さんお疲れ様です。よんです。

やってきましたゴールデンウィーク!

大型連休です!長期連休(4日間)です!

つまりお休みです!\(^o^)/

テンション高めでお送りいたしました。うざくてすいません。

さて、今年もこの季節がやってまいりました。きっと皆さんもこの連休を活用していろいろな予定を立てられていると思います。私も家族であっちこっち行く予定を立てていますが、やはりこの時期、広島のイベントと言えばこれしかありません。

フラワーキャンドル・メッセージに思いを込めて

そうです。フラワーフェスティバルです。

今回のイラストはフラワーフェスティバルをテーマにしているのですが、ちょっと違う趣向にしてみました。昼間のフラワーフェスティバルはパレードやダンス、屋台がひしめく、まさに「お祭り」なのですが、夕方以降(18:00ごろから)、平和公園ではうって変わって静かで幻想的な光景を見ることができます。

フラワーキャンドル・メッセージ

私の以前の記事でもご紹介したのですが、「フラワーキャンドル・メッセージ」に火が灯され、パレードに使われた「折りづるみこし」もライトアップされます。

フラワーキャンドル・メッセージとは、フラワーフェスティバル来場者に平和への願いをメッセージとして書いてもらい、それをキャンドルに貼り付けたものだそうです。

このイベント、あまり情報が出回っていません。検索しても写真はたくさん出てくるのですが、どこで受け付けをして、メッセージを書いて、いくらでできるのか、などもほとんど情報がありませんでした。2011年に行った際にはそのあたりのことをまったく気にせずに写真だけ撮っていました…。

というわけで、できる限り情報を集めてみましたので以下はその概要。

フラワーキャンドル・メッセージ

  • 開催場所:平和公園(献花台のすぐそば)
  • 点灯時間:18:00〜21:00(最終日は20:30まで)
    ※私が行った2011年は18:30頃に点灯されました。
  • 受 付:平和公園入口付近(平和記念資料館付近)※多分このあたり
  • 協賛金:400円(昨年以前の情報なので値上がっている可能性有り)

受付場所がどこにも載っていなかったのですが、おそらく平和公園の入り口付近だと思います。間違っていたらごめんなさい。メッセージを書くには協賛金として400円が必要です。協賛金は募金や原爆ドームの保全費に使われるようです。キャンドルメッセージを見るのは受付も必要ないですし、無料ですよ。

昼間のフラワーフェスティバルもいいですが、夕方から夜にかけて行くのも違った趣があってオススメです。

ちなみに今年のスペシャルゲストは女性シンガーの一青窈(ひとと よう)さんと、女性シンガーソングライターの二階堂和美さんらしいです。二階堂和美さんは2013年のジブリ映画「かぐや姫の物語」の主題歌「いのちの記憶」を歌われている方ですね。どちらも透き通るような歌が特長です。行ってみたいですけどタイミングが合うかな…。

というわけで、皆さん、よいゴールデンウィークを!

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)