梅雨の季節の暇潰し

梅雨の季節の前にどうでしょうか?

皆様御機嫌よう。ゆきちです。
5月も終わり6月に差し掛かろうとしております。
6月になると梅雨の季節になり、休日の外出回数が減る方が多くなるとゆきちは考えました。 なので今回はそんな皆様に少しでも家で楽しめる事、すなわちDVDの紹介を致します。

最初にご紹介するのは、雨の季節にちなんだ物が良いかなと思い
「おおかみこどもの雨と雪」です。

女子大生の花は、教室で「おおかみおとこ」と出会い恋に落ちます。彼は自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白しますが、花はそれを受け入れ2人の子供を産みます。産まれた姉「雪」と弟「雨」は狼に変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の出産直後、男は亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」の育児に挑むが、都会での育児を断念して人里はなれた古民家に移住します。

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られます。あんまり深く物語を説明しますとうっかり、ネタバレに繋がるかもしれないので・・・・。

私の感想ですが、一言でまとめると「人は一人では生きてはいけない」と思いました。     色々な人に助けられ今があるのだろうと、改めて教えられました。

次にご紹介するのは、「アリス・イン・ワンダーランド」です。


皆様も一度は絵本なので読んだことがあろう、「不思議の国のアリス」の続編です。
簡単なあらすじをどうぞ。

不思議の国での冒険から13年後。19歳となり、最愛の父親を亡くしたアリス・キングスレーはパーティに出席していた。だが、このパーティーはアリスの母と姉が極秘裏に企画したアリスの婚約パーティだった。アリスは貴族の御曹司・ヘイミッシュから求愛されるが、突然の出来事に混乱してその場から逃げ出してしまう。

そんな時、アリスはチョッキを着た白ウサギを追って、幼少時代に訪れた不思議の国へ再び迷い込み、そこでかつて出会ったマッドハッターやチェシャ猫達と再会。だが、不思議の国は13年前とは一変しており、赤の女王に支配された暗い世界と化していた。アリスはかつてここを訪れた事を夢だと考え記憶を失くしていたが、自分が預言書に記されている「救世主」だと知らされ、この世界を赤の女王の支配から解放するため、赤の女王の妹である白の女王やマッドハッター達の力を借りて、赤の女王に戦いを挑むことになる。

この映画の凄いと思った所は、CGです。ファンタジーな世界観のCG演出がなんともいえません。個人的にはもう少しバイオレンスな物も期待してはいましたが、天下のディスニー様なので、その辺りは仕方ないのかなと思います。

余談ではありますが、最近のニュースでは続編の制作が発表されております。ちなみに公開日は2016年です。

皆様の暇つぶしの参考になれたら幸いです。
それでは、また来月お会いしましょう。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)