激しくオススメ!『りんごかもしれない』

どうも、よっさんです。

大好評 ブログメンバーのリレー企画2014年第3弾!今回は読書の秋にふさわしいテーマ「オススメ本の紹介」です。今回私が紹介するのはこちら。

ヨシタケシンスケさんの絵本『りんごかもしれない』です。

えっ…絵本かぁ~前も絵本漫画だったし、よっさんのレベルは幼稚だなぁ~ですって?!

絵本といって侮る事なかれ。第6回MOE絵本屋さん大賞 第1位(2013年)ほか多数の賞を受賞しているこの本、絵本ナビなどの絵本紹介サイトでも年齢層問わず高評価を得ています。そして、「絵本」ではあるのですが、これがまた奥が深くて…。

 あるひ がっこうから かえってくると……
 テーブルのうえに りんごが おいてあった。

 でも……もしかしたら……
 これは、りんごじゃないのかもしれない。

りんごを見つけた「ぼく」が、りんごに対する「かもしれない」妄想をどんどん膨らませていきます。ユルい絵とともに次々と展開される、それはまるで「りんご大喜利」。子供は単純に面白がりますが、「りんご=赤い、おいしい」程度しか連想できないコチコチ思考回路の大人は、発想の豊かさ、奥深さに感じ入り、「ものの見方」についてテツガクせずにはいられません。とにかく、「りんご」だけでこの発想力…脱帽です。

この本、娘がたまたま図書館の蔵書検索システムで見つけ、内容も何も知らず予約した本でした。寝る前の読み聞かせに…と思っていましたが、面白すぎて寝るどころではなくなりました(笑)。

私のお気に入りは、

 ほんとうは ほかのものに なりたかったのかもしれない

のページの

 なしになりたかったのに    ちょっとちがっちゃった
 ボールになりたかったのに   「まるい」しかあってない
 ポストになりたかったのに   「あかい」しかあってない
 ひこうきになりたかったのに  なんにもあってない

…思い出しただけで笑いがこみ上げてきます(^皿^)

 りんごには きょうだいがいるのかもしれない

のページの

 らんご
 りんご
 るんご
 れんご
 ろんご

がお気に入りなのは、我が家一のヒット絵本を発掘した娘。これが「あぁ~こんな感じかも」と思わせる絵で…(笑)※この後 あんご いんご ………… と続きます。

本屋に行ったときは、ぜひぜひ絵本コーナーで探してみてください。脳みそがビビビッとくる、かもしれない。(←この語尾も癖になります)

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)