京都左京区にある印刷会社「北斗プリント社」に行ってきました

はじめまして。
ニシキプリント本社DTP課オペレーターのSです。

先日、京都の左京区にある、株式会社北斗プリント社様を訪問させていただきました。
その様子をご報告します。

 

そもそも、北斗プリント社様訪問のきっかけになったのが、先日行なわれた日本グラディックサービス工業会主催のInDesignコンテストでした。

弊社からは14名のオペレーター全員が参加しました。最高でなんとか22位に入ることはできましたが、上位10名が参加できる2次審査には進むことができませんでした。当初、大胆にも上位に入って、2次審査で他社の優秀なオペレーターから色々なご指南をいただきたいと目論んでいたのですが…それも叶わず…。

ところが、弊社社長がコンテストのプロジェクトリーダーを務めたこともあり、上位入賞者を輩出した北斗プリント社様の会社訪問と現場オペレーターの方との交流を持つことができたのです。

さて当日、弊社社長、東工場DTPオペレーター代表のYさんと私の3名で京都に赴きました。最寄り駅まで迎えに来ていただいていた谷川社長と無事合流し、京都市左京区にある北斗プリント社に到着しました。

北斗プリント社

株式会社北斗プリント社

早速、中に案内していただくと、インキのにおいに同じ印刷会社だという親近感を感じました。

今回お話を聞かせていただいたのは、プリプレス課の奥野係長と芦田主任のお二方です。(奥野係長は、今回のInDesignコンテストの1次審査で5位に入られた方です!)

私たちの慣れない&つたない名刺交換にも快く応じてくださり、交流会がスタートです。

 

事前に質問事項をメールで送らせていただいていたのですが、 丁寧な回答を書面にまとめてくださっていました。 その書面に沿って、時には具体例を交えて丁寧に説明してくださいました。

同業のオペレーターの方とお話をする機会はなかなかありません。弊社とは違うこともありますが、参考にして取り入れていきたいと思うことも多くありました。また、弊社の数ある悩みについても、親身になってアドバイスしてくださいました。

2時間近くの貴重な時間を割いてくださり、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

その後、作業現場を案内していただきました。何より一番印象的だったのは、どの部署にお邪魔しても、皆様が笑顔で挨拶をしてくださったことです。我が身を省みて、見習わなければと思いました。

今回、北斗プリント社様を訪問させていただくことができて、とても良い経験になりましたし、 今後の課題や問題解決へのヒントを得ることができたと思います。

快く迎えていただき、丁寧な対応をしていただいた北斗プリント社の皆様に感謝いたします。本当にありがとうございました。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)