住吉神社「焼嗅がし(やいかがし)神事」~平安時代の節分祭~

皆さんこんにちわ!gulaです!

先日の大寒波は大変でしたね。gulaは少し標高の高いところに住んでいるんですが、道路が凍結してすごい怖い思いをしながら帰宅しました…。
皆さんは事故など大丈夫でしたでしょうか?危ないと思ったら無理せず、じっくりゆっくり帰宅するようにしましょう!

さて、今日はイラストアップデートの日です。
今月は2月ということで、節分イベントにスポットを当てたいと思います!

焼嗅がし(やいかがし)神事

住吉神社 焼嗅がし神事

住吉神社では、毎年巫女たちが鰯1000匹の頭を焼いて、その臭いをたたみ一畳分の大うちわであおぎ厄祓いをする平安時代の「焼嗅がし神事」という珍しい節分祭を行っています。
当日は、赤鬼・疫病神・貧乏神・世間を騒がせた人々などが次々と参ります。これがとてもユニークで楽しいと評判の神事です。
疫病神だったらデング熱、貧乏神なら情報漏えい被害、世間を騒がせた人々では号泣議員などに扮し、見学者を笑わせてくれます。
神事終了後、参拝者は鰯の頭をヒイラギの枝に刺した縁起物を持ち帰ることができ、その後豪華景品が当たるくじ付き豆まき大会も行われます。

今年は一体何が出てくるだろうと予想しながら見るのも楽しいかもしれませんね。今年は平日なので、gulaは見ることが難しいのですが、行ける方はぜひ一度見学してみてはいかがでしょうか?

お知らせ

先月から各メンバーがお知らせしているように、今月からブログメンバーが大きく変わります!
今後の更新はわたくしgulaの他「しましま」「KAZ」「くれ」「HISA」「はる」「MO-RI」「マスター」の計8名で行って参ります!
各メンバーの初回投稿は2/8(月)以降に順次公開していきますのでお楽しみに!

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)