ユネスコの無形文化遺産に登録!壬生の花田植

皆さんこんにちは!gulaです!
6月も今日からスタート!梅雨が気になってくる時期ですが(特にgulaはくせ毛なので梅雨が嫌いです)今週はとりあえず天気良さそうですね。今週末のとうかさんは楽しく過ごすことができそうです♪

さて、本日はイラストアップデートです!今月のイラストはもちろんとうかさん!…は去年やったので今回はやめときます(笑)
今月のイラストはこちらになります!

壬生の花田植

cropped-201606.jpg

花田植は、田植えの際にサンバイと呼ばれる人がささら(打楽器)で指揮を取り、その拍子に合わせ大太鼓・小太鼓・笛・手打鉦などで囃したて、早乙女(田植えをする女性)がサンバイの音頭に合わせて高らかに田植唄を歌いながら早苗を植える、稲作の無事と豊作を祈願する田植え行事です。
また飾り付けられた10頭を超える飾り牛と呼ばれる牛が商店街を道行きするのも見所の一つとなっています。他にも子ども田楽や本地の花笠踊りなどが披露されます。

特に壬生の花田植は西日本で最大の規模を誇り、国の重要無形民俗文化財に指定されユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

華麗な衣装を身につけた牛や人、歌声と囃しに彩られる壬生の花田植を、一度観に行かれてみてはいかがでしょうか?

開催場所:壬生の花田植特設会場
開催期間:2016年6月5日(日)
駐 車 場:千代田ICに隣接する道の駅や役場の駐車場ほか
     (会場行シャトルバスあり)

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)