カープ25年ぶりセリーグ優勝おめでとう!~今年はメモリアル満載のシーズンです~

皆さんこんにちは!gulaです!イラスト以外では久々の投稿になります\(^▽^)/

今年はカープが25年ぶりにセリーグ優勝を果たし、広島中が大いに盛り上がりましたね!最終成績は全球団に勝ち越し、球団史上最高勝率を達成するという文句なしの完全優勝でした♪

優勝決定の日の広島平均視聴率はなんと驚異の60・3%、瞬間最高では71%を記録!関東地区でも16.8%を超えるなど異例の事態!
この日は街中のカラオケや様々なお店にあるモニターの前でカープファンが集まり、試合の行方を見守っていました。歩いていると、点が入った瞬間に居酒屋から大歓声が聞こえてきます。そこら中で優勝への期待を感じました。

IMG_5721

gulaは途中居酒屋に入り店内のテレビで観戦。そして訪れる歓喜の瞬間!お店の中にいた全員が大歓声をあげました。ハイタッチし抱き合い、中には涙する人も。gulaも叫び声をあげ、黒田選手と新井選手が涙ながらに抱き合った瞬間なんかはgulaの目にも涙が…あれは反則です(/_<)

IMG_5722IMG_5740

しばらく余韻に浸った後、街の様子を見てみたくなり中央通りまで歩いてみました。そこには既に沢山の人が集まり、応援歌を歌い、ハイタッチをし、新天地公園のある一角ではビールかけや胴上げ(ビール瓶が割れて地面に落ちていて、見ていてハラハラ)も起こっていました!この雰囲気の中に混じるだけでも最高の気分になれました♪

IMG_5730IMG_5733

多くのメモリアルや記憶に残る思い出があったシーズン

そんな広島全土が盛り上がった優勝。今年は多くのメモリアルもあり、まさに優勝にふさわしい年だったと思います。

  • 新井選手が2000本安打&300本塁打&1000得点を達成
  • 黒田選手が日米通算200勝を達成
  • 史上初のコリジョンルール適用によるサヨナラゲームから始まる11連勝
  • 鈴木誠也選手の2試合連続サヨナラを含む3試合連続ホームラン
  • 4.5ゲーム差にまで迫った巨人との試合で菊池の同点ホームランからのサヨナラ勝ち
  • 倉選手&廣瀬選手が引退

とりあえずザッとこれだけ思いつきました。

新井&黒田のベテランコンビが投打でチームを牽引!

新井選手は今年打率3割に打点101、二桁本塁打を記録するなど39歳とは思えない大活躍!また黒田選手も41歳にして二桁勝利を記録するなど今年も2人がチームを盛り上げてくれました!同じ年にカープを去り、同じ年にカープに戻り、節目の記録を達成した2人が味わう優勝と、これだけでも感動的ですよね!語り出したらエピソードが止まらないのでこのへんで…笑

コリジョンサヨナラから始まる連勝とその中から生まれた名言

コリジョンルールによるサヨナラは、gulaは現地で生観戦していました!長いビデオ判定があり球場がザワついた後サヨナラ決定による大歓声!あれは現地にいないと味わえませんでしたね♪
何より赤松選手が個人的に大好きなので、赤松選手がサヨナラヒットを打ったというのが最高でした!守備の名手として知られる赤松選手ですが、打撃はここのところイマイチでした。しかし今年は打席数は少ないながら良いところでヒットを打っていたのが印象的です。この調子でCS・日本シリーズ・そして来年も頑張って欲しいですね!

サヨナラ決定の瞬間

サヨナラ決定の瞬間

ベンチから飛び出した赤松選手を追いかける選手達。追いつけない(笑)

ベンチから飛び出した赤松選手を追いかける選手達。速すぎて追いつけない(笑)

この試合から勢いにのってチームはサヨナラ3度を含む11連勝!その連勝の中で何よりファンの記憶に残っているのは2試合連続サヨナラを含む三試合連続ホームランを放った鈴木誠也選手だと思います。この活躍を緒方監督「神ってる」と表現したことにより、多くのメディアに使われるようになりました。今年の鈴木誠也選手の成績は打率.334・ホームラン29本・打点95を記録。これは2年連続トリプルスリーを記録した山田選手や、天才と言われた前田智徳選手の高卒4年目と遜色ない、むしろ超える成績です。しかも守備も良くて肩は最高レベルを誇ります。将来が非常に楽しみな選手です。

シーズンの天王山!直接対決3連戦2連敗し、ゲーム差が4.5まで迫り迎えた3戦目

個人的に優勝を決定づけた瞬間だと思っている試合があります。多くの人がそう思っているのではないでしょうか?
それは8月7日の巨人戦です。巨人が破竹の勢いで10ゲーム以上あったゲーム差をどんどん縮め、リメークドラマ(昔あったメークドラマと呼ばれる逆転劇を再現という意味)とメディアが騒ぎ出し、直接対決を2連敗し4.5ゲーム差まで迫られた3戦目。この日は9回裏に入った時点で1点ビハインドで、その9回もあっという間に2アウト。ファンの心には優勝逸脱への恐怖が芽生え始めていた空気を、菊池の同点ホームラン、さらにその直後のサヨナラで完全に振り払ってくれました。あそこで再び5.5ゲーム差に突き放した瞬間これでいけると皆が思ったはずです。実際この試合をきっかけに再び巨人を突き放し、気づけば17.5ゲーム差という大差で終わりました。この試合この9回裏は今でも鮮明に思い出せます。

IMG_4959

低迷期を支えたベテラン2人の引退

25年ぶり優勝ということは、その間それだけ低迷していたということ。その中でも輝きを放っていた確かにいました。そのうちの倉選手・廣瀬選手の2人が今年引退を発表しました。
倉選手はリードに定評があり、強肩を誇る捕手として長年カープを支えてきました。黒田選手がメジャーに行くまで専属の捕手だったこともあります。倉石原論争など、ファンの間で正捕手は倉と石原どちらかと長くスタメンを争っていました。最後の出場では残念ながら雨で試合が流れてしまいましたが、ファンのために雨の中ベースランをして最後にヘッドスライディングした時は楽しませてもらいました。

廣瀬選手は逆指名制度を使ってカープに入ってくれた選手です。ケガが多くシーズン通して活躍は出来ませんでしたが、走攻守揃った良い選手で15打席連続出塁の日本記録も持っています。ファンサービスも良く「チャーリー」愛称で呼ばれ愛された選手でした。
廣瀬選手の応援歌は名曲としてファンとしての間では人気が高く、もう歌えなくなると寂しがられていましたが、先日廣瀬選手が菊池選手に応援歌を受け継いで欲しいと直々に指名があり、最初の「始まりの鐘がなる~(廣瀬!)、広島伝説」のフレーズが受け継がれました。既に試合でも使われています。

IMG_6548 IMG_6571

CSに日本シリーズとまだまだ続く広島伝説

いよいよ来週はクライマックスシリーズ(CS)が始まります。gulaは残念ながらチケットが大変な人気のため入手できず、友達と居酒屋観戦になりました…でもいっぱい応援しますよ!色んなメモリアルや圧勝のシーズン等、今年はカープが日本シリーズに行くべきだと思います。皆さん熱い応援と共に来週から始まる広島伝説を見届けていきましょう!o(*^▽^*)o

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)