愛犬が、腹水が溜まり更に前庭疾患再発

こんにちは、はるです。2017年も宜しくお願いします。
 新年になり、度々の寒波で寒がりの私は難儀しています。

愛犬に腹水がたまる

 愛犬が餌を食わなくなったので、動物病院に連れていくと「腹水がたまっている」と言われました。腹水を急きょ抜く事になりました。 腹に少し切って管を入れて抜きました、腹水は2L出ました。
 健康な状態の犬のお腹(胃腸がある場所)には、ほとんど腹水はたまりません。お腹にある臓器は、胃腸・膀胱・子宮など外部とつながっているものが多く、しっかり閉鎖されています。それらの臓器が炎症を起こしたりした場合に、炎症部位に白血球を届ける役目を果たすのが腹水。炎症がおさまれば、自然と臓器の表面から吸収されてなくなっていくようにできています。愛犬は心臓の炎症で、血液のバランスが崩れることで染み出して貯まってしまう。腹水がたまることは、字を見たとおり「お腹にある水」を指しています。腹水は病気の末期症状とも言われています。心臓の働きをアシストする薬と利尿剤を使い体に負担をかけないように治療していきます。
 抜糸は2週間後になりました。食欲が戻り、回復するかと思いましたが抜糸直前に、前庭疾患を再発しました。回復の見込みがない為、動物病院で入院させる事になりました。

愛犬あき

 前庭疾患は、耳の中でも一番奥の、内耳にあります。姿勢や体のバランスを保つことで平衡感覚を維持する働きをする大切な器官です。首が傾いた状態(斜頚)から戻らなくなり、旋回運動や眼振などの特徴的な 症状を示す疾患また、目の運動や筋肉の協調を維持する働きもします。前庭疾患は、耳の中でも一番奥の、内耳にあります。姿勢や体のバランスを保つことで平衡感覚を維持する働きをする大切な器官です。首が傾いた状態(斜頚)から戻らなくなり、旋回運動や眼振などの特徴的な 症状を示す疾患また、目の運動や筋肉の協調を維持する働きもします。
 現在は、前庭疾患の方は落ち着き、まもなく退院できそうです。腹水を抜くと体力が急激におちるので、先生の話ではお腹がパンパンになるまで抜かないそうです。

新年になりアメリカ合衆国第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。
トランプ氏は「アメリカを再び偉大にする」と訴え選挙に勝利し、今後10年で2500万人の雇用を創出する。米国の経済成長率4%に高める目標を掲げています。
 大相撲では稀勢の里が若乃花以来19年ぶりに日本出身の横綱に確定しました。
今年も色々ありそうですね。

 

 

 

 

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)