4月の宮島日常あれこれ

こんにちは、しましまです。
去年より桜の開花は遅くなりましたけど、今年も綺麗に咲きました。

霧に包まれた幻想的な大鳥居

9日は早朝に30分くらい濃霧で船が欠航しました。(濃霧で欠航する事は少ないです。)
神社の周りは、幻想的で綺麗でした。

桃花祭(とうかさい)

4月15日に厳島神社で桃花祭が行われました。
室町時代に桃の花を供えたのが始まりと伝えれています。
午後5時に祭典が行われて、6時に高舞台で舞楽が奉奏されます。終るのは9時前でした。
今年は30分前に急な雷雨が襲い、本社祓殿で行われました。

祓殿(はらいでん)お祓いをする所です。雨天時の舞楽奉奏をする所でもあります。

舞楽の途中で紅白の桃花を献花されました。

 

蘇利古(そりこ)の冠に桃の飾りが付いていました。(写真はわかりにくいと思いますけど)
(応神天皇時代に酒を造ることを専門としていた百済からの帰化人、須須許理(すすこり)がこの舞いを伝えたといわれています。)

桃花祭御神能

今年も4月16~18日に行われました。

鹿が食べ物を求めて能舞台に現れました。すぐに仮座敷の下に行ってしまいましたけど。
外に能舞台がある事のハプニングですね。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)