数ある祇園祭の中でも日本最古!?広島県福山市で行われる「新市祇園祭」

gulaです!皆さんお疲れ様です!

今日はイラストアップデートになります。今回は日本全国祇園祭の中でも発祥とも呼ばれる、広島県福山市新市で行われる祇園祭についてになります!

素盞嗚尊(スサノオノミコト)と牛頭天皇の力を借り、怨霊を鎮め平穏な世を取り戻そうとしたのがここ福山市の祇園祭の始まりらしいです。
八岐大蛇自体は祇園祭と関係ないのですが、素盞嗚尊と言えばなんと言っても八岐大蛇の伝説が有名なので今回イラストに採用いたしました!

祇園祭と名の付くお祭りは全国津々浦々ありますが、特に有名なのはなんといっても京都八坂神社の祇園祭でしょう。しかし祇園祭の発祥は、なんと広島県福山市の祇園祭だと言われているそうです!知らなかった…

福山市の祇園祭の特徴として、お祭り最終日に行われる、重さ約500kgの神輿を担ぎ手たちがかけ声をあげながら激しくぶつけ合う「けんか神輿」があります。地区ごとの対抗戦で行うものらしく、3つに別れて各々の神輿をぶつけ、無病息災を願うんだそうです。

今年は7月14日~16日にかけて行われます!皆さんのぜひ熱い盛り上がりを感じに行かれてはいかがでしょうか?

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)