日本語ワードゲームの傑作!「ワードバスケット」

みなさんこんにちは! 不安定な天気が続いてるので体調管理には気をつけているくれです。

今日は手軽で簡単に遊べるカードゲームの紹介をしたいと思います。

そのカードゲームの名前は「ワードバスケット」です。

簡単にルールを説明すると「あ」~「よ」まであるカードを使ってしりとりをします。最初にあった手札を使い切ったプレイヤーの勝利です。

写真で説明するとこうなります。場に出ている文字と手札に持っている文字で1つの単語になるようにして場に出していきます。例えば今、場に出ているのは「ら」で手札が「こ」「ち」「う」だと「ら」から始まって手札にある「こ」「ち」「う」で終わる単語を出していきます。例で言うと「落語(らくご)」「ランチ」「酪農(らくのう)」とこんな感じです。出し終わったら今度はさっき出た単語の最後の文字からまたしりとりをしていきます。文字は初心者で2文字以上、慣れてきたら3文字、4文字を制限をつけると面白くなります!

普通の文字だけだと面白みが足りないので「ワイルドカード」と呼ばれるものがあります。左上にあるのが「ら」から「る」で最後に終われば出せるカードです。その横にあるのが7文字以上で出せるカード、下にある「5」と「6」のカードはその書いてある数字で終わるように出す文字制限がつきます!

実際簡単そうに見えるでしょう…?(笑)

実際やってみるとこれがまた難しいんです!慣れるまで全然単語が出てこないので慣れてる人とやるとボロ負けします(笑)

私はもう大分慣れているので、友達とだと勝率7割くらいでしょうか。強い人は本当にすぐ終わりますね。手札にも左右されます。比較的制限のある「ワイルドカード」が手札になかったら勝ちやすいです。

もし興味があればぜひやってみてください!頭の体操にもなりますよ?

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)