ジブリの大博覧会に行ってきました!

この夏、待望の展覧会がついに広島に!

ということで、ジブリの大博覧会(広島県立美術館)に行ってきました。

私はナウシカの原作漫画(全7巻)や『シュナの旅』、『宮崎駿の雑想ノート』など持っていたりする程度にジブリ作品が好きでして、中でも『風の谷のナウシカ』~『紅の豚』、間をあけて『風立ちぬ』が特に好きな作品で、『風の谷のナウシカ』は小学校低学年の頃に試写会で観た記憶がいまだに残っています。

迫力の飛行船(上昇、下降してました)

さて個人的な話はさておいて同博覧会の内容ですが、タイトル通り『ジブリの博覧会』であって、『ジブリの作品展』ではなかったという印象です。原画やセル画などはほぼなく、当時のポスターやキャッチコピー製作の資料などいわゆるプロモーション関連の展示物がメインで、後半に至っては飛行機展(航空力学的な説明など宮崎駿の趣味が色濃い)の様相を呈していました。ということで、対象年齢は結構高めで実際、途中で飽きてる子どもがちらほら見受けられました。

なんとなく否定的な文章になってしまいましたが、とはいえエントランスの飛行船や、会場内のタイガーモス号の模型など見どころもあり、好きな人には楽しめる奥の深い展示会だったと思います。

 

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)