印刷屋さんの営業録(1)~データ入稿に不安のある方へ~

何をかくそうワタクシdrifterはニシキプリントの営業マンとして日々お客様のもとに馳せ参じています。そこでデキる(自称)印刷営業のソリューションの日々をご紹介します。ということで第一回目のテーマは…データ入稿について!

年配のお客様から記念誌を作成したいがデータの渡し方や、レイアウト作成などデータで作ることに不安があるので相談に乗って欲しいとの問い合わせがありました。

お客様の心配事1 ~データの渡し方?~

これまではお客様ご自身がデータの保存場所がわからなくなってパソコン上を探されることがありました。
そんなときは我々が実際にお伺いしお客様のパソコンを使わせていただき弊社のUSBにコピーいたします。そうすることで以後データ渡しに手間がかからないようになりました。

お客様の心配事2 ~レイアウト見本は必要?~

慣れないWordソフトでレイアウト見本を作成しないといけないのか…と心配そうなお客様。ですが、編集作業は当社で行うのでレイアウト見本はなくてもかまいません。文字データのみを頂くことで解決しました。(※確認のため、プリントアウトした出力紙を準備いただくと助かります。)

上記のような不安材料を解決することでお客様の貴重なお時間をいただくことなく、データの受け渡しからその後の工程までスムーズに運ぶことができました。結果、予定納期に間に合いお客様にも大変喜んでいただきました。

データ入稿が当たり前の時代でも、弊社では必要以上に準備して頂くことなく最低限文字情報さえあれば大丈夫です。パソコン操作に不慣れでデータ入稿が不安な方がいらっしゃいましたら、是非一度弊社にお問い合わせください。お困りごとを解決いたします!

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)