宮島表参道商店街に「TOTO宮島おもてなしトイレ」オープン!

こんにちは、しましまです。暑い日が続いていますね。ご自愛ください。
8月1日にTOTO宮島おもてなしトイレがオープンしました。
市とTOTO株式会社が官民協働で整備を進めて出来たそうです。
だれもが使いやすい清潔なトイレ空間を創出し、世界中から訪れる多くの人に心地よく観光・滞在してもらうことを目指した施設だそうです。
時代が変わりましたね。今度は何が出来るのかな?

もともと「世界一の大杓子」が展示されていた場所です。

この大杓子は、旧宮島支所跡地に整備される地域拠点施設(2021年4月供用開始予定)で再展示されるそうです。しばしのお別れですね。

木造2階建で、1階は商店街に観光案内所で海側にトイレがあります。
案内所にはスタップが常駐しています。大型観光案内モニターが設置されています。

トイレの入口に紅葉ライト照明(女子は赤色、男子は緑色)がされていて、木調のシンプルなおしゃれな造りでした。


個室の中も温水洗浄便座で荷物の置ける台も広く、ベビーカーも入れそうな広い個室もあります。
車いす優先トイレやベビールームも設置されています。
宮島中の公衆トレイで一番豪華な造りです。

2階は休憩所で壁際にはモニターがあり、たくさんのベンチが並んでいます。
大鳥居の模型や前の建物の大杓子に隅に置かれていた杓子の御神輿も飾られています。
他にも、観光案内モニターや宮島関連の本も置かれていました。壁に観光した場所の感想を書けるボートがありました。
2階にもトイレがあります。
疲れた時に休みに来てくださいね。クーラーも効いて涼しいですよ。

使用できる時間はトイレが午前9時~午後9時。
休憩所は午前10時~午後6時です。

聞いた話では、2階の窓ガラスは解体する前の古民家のガラスを使用しているそうです。今は製造されていないそうです。
内装壁材には最新技術を取り入れた陶板が使用されていて、観光地トイレにありがちな臭いや汚れを抑えてくれるんだそうです。

8月3日の大鳥居

偶然神社側の額を下に下ろす所に遭遇しました。
額のない大鳥居を見るのはレアですね。こうしてみるとやっぱり大きいね。

5日の夕方に見にいたらやっぱり海側の額も外されていました。

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)